1995年に単独自転車世界一周の旅に出てからちょうど今年で20年。今度は坂本家4人で夏休みなどを利用して最長で8年かけて6大陸を巡る冒険に出ます。ご支援してくださっている皆さまに感謝しながら家族4人、チームの力を合わせて世界の家族や異なる大陸の文化に出会います。応援よろしくお願いします!


 
    ←TOP SITE
 

いつも坂本家6大陸大冒険を応援してくださり、ありがとうございます。
6月初旬に出発を予定していた第5ステージのトルコ・ジョージアですが、急遽予定を変更して日本国内、北海道へ遠征することになりました。出発は6月下旬の予定です。ご縁があれば、北海道の学校などで講演をしながらゆっくり周りたいと思っています。
応援してくださっている皆さんには当初の計画と異なってしまい、驚かれておられることと思いますが、坂本家6大陸大冒険は続行しますので、ご理解いただけますと幸いです。引き続き応援よろしくお願いいたします!


<行き先変更前>

おかげさまで私たちのプロジェクトは今年で第5ステージです。

長男(8歳)が今年の2月、陸上クラブ中に左足首を剥離骨折してしまい、約2ヶ月運動ができなかったため4月現在ほとんどトレーニングができておりませんが、無理しないよう走りたいと思います。長男は昨年と同じ24インチのマウンテンバイクで、引き続きバッグを持ってもらいます。次男(6歳)も昨年の20インチのマウンテンバイクですが、まだ集中力が持続しないため午前中で走行を打ち切ることになりますので、走れる距離も限られると思いますが、その分現地の家族との交流をしたいと思っています。

今年はトルコとジョージアを走行予定です。トルコは私が単独世界一周中に走った国ですので、当時知り合った家族も訪ねたいと思います。トルコの夏は日本以上に暑くなるところもあるようですので、しっかり準備をして臨みます。車の運転マナーが悪かったり、道路事情が悪かったりすることも十分に予想されますので、公共の交通機関も使いながらこれまで同様、安全第一で1日20~30キロのペースで計500キロほど走れたらと思います。ジョージアは初めての国ですが、料理もおいしく親日的な国だそうですので楽しみです!


We always appreciate your warm and continuous support to our project “The Sakamotos Great Six-continent Adventure.” In this 5th stage, we originally planned to ride in Turkey and Georgia, but instead of going there, we have decided to modify our plan and are riding in Hokkaido, Japan.  We are leaving home in the end of June. If we are blessed with chances to give a talk at schools or other places, we are more than pleased to share some time during our stay in Hokkaido. To those who have supported us a lot, the change of the plan may be surprising. However, we keep on our project “The Sakamotos Great Six-continent Adventure.” We are very much appreciated if you kindly understand the change and keep supporting us, as always.

 

<行き先変更前>

We are on the fifth stage of our adventure this year, with all of your warm support.

This February, our elder son, who is now 8 years old, got an avulsion fracture on his left ankle during an athletic club activity.  That is why we have not sufficiently trained ourselves for the adventure as of this April.  Still we will try the best we can. He is riding his mountain bike with 24-inch wheels and is carrying the baggage, as he did last year.  Our second son, who is 6 years old, is riding his mountain bike with 20-inch wheels, the same size as he rode last year. Though he is getting older, he still cannot ride the bike all day.  We will ride only in the morning and will enjoy having much time for socializing with local families.

In the fifth stage, we are riding in Turkey and Georgia.  During the round-the-world trip, I traveled alone in Turkey by bike, so we are planning and are excited to visit the family I encountered then.  We should fully prepare for this adventure because of the severe climate in Turkey, which will be hotter than that in Japan in the summer. In addition, we should anticipate some bad situations, such as a rough driving way or a tough road condition.  For our safety, we will, in some cases, be forced to use a public transportation and will ride only 20 or 30 kilometers a day, which means we will be able to ride around 500 kilometers in total, with extreme care. For all of us, this is the first visit to Georgia.  We hear that Georgia is a fun place to enjoy eating. Besides, we also hear that people there are friendly to Japanese, so we just can’t wait to ride there.

 

 

1995年に単独自転車世界一周の旅に出てからちょうど20年の2015年、今度は家族4人で夏休みなどを利用して最長で8年かけて6大陸を自転車で巡る「坂本家6大陸大冒険」がスタートしました。

私は過去に4年3ヶ月の自転車世界一周で43カ国の人たちと出会い、対話し、ふれあってきました。今回の大冒険は、世界の家族と家族単位で出会い、ふれあい、つながることでどんな経験ができるかを試したい。子どものコミュニケーション力、順応性、好奇心、変わっていく子どもの姿、そこにある親や社会、世界の子育てや教育などを見聞し、帰国後は子どもを持つ家族だけでなく、多くの人と共有したいと思っています。

第1ステージはニュージーランド、第2ステージはスペイン・ポルトガル・スイス、そして第3ステージはカナダとアラスカをそれぞれ3ヶ月間、多くの出会いに助けられ各ステージ約800~900キロを無事に走り切ることができました。第4ステージは康次郎初の単独走に加え、開発途上国のネパールや山岳ルートのブータン、灼熱のマレーシアやブルネイだったので、400キロ弱の走行。感謝の気持ちでいっぱいです。ご支援してくださっている皆さまに感謝しながら家族4人、今年もチームの力を合わせて世界中の家族や異なる大陸の文化にふれあう大冒険を続けていきます。応援よろしくお願いします!


Twenty years have passed since my sole round-the-world trip by bike started. In 2015, great six-continent adventure by Sakamotos began. This means that four members of the Sakamotos have traveled through six continents by bike for at most eight years.

In the past, I traveled by myself round the world by bike for 4 years and 3 months. During that journey, I got acquainted with people in 43 countries, communicated with them, and contacted with them. In the series of great adventures, my family members and I will encounter, interact, and connect with many families in many countries. Through the experiences, I want to try the best we can. I want to observe how my children communicate with people around them, what they are interested in, and how they grow up. In addition, I want to observe how parents or people in the community generally let children involved with things, how they raise their own children, and how they educate their children all over the world. After we get back to Japan, I want to share what we experience with many people.

With a lot of tremendous encounters, we finished three-month riding in New Zealand in the first stage. In the second stage we rode in Spain, Portugal, and Switzerland.  Besides, in the third stage we rode in Canada and Alaska. Each of the stages, we safely completed the 800-900 kilometer adventures.

In the fourth stage, we rode in Nepal, a developing country, in a hilly road in Bhutan, and in a scorchingly hot weather in Malaysia and Brunei.  Kojiro, our second son, finally started riding the bike by himself. We ended up riding fewer than 400 kilometers because of these challenging conditions.

We, the Sakamotos, will continue these adventures in which we will be able to meet the various families and cultures all over the world.  We sincerely appreciate your generous support.

 

 
 
 
 
 
 
 



 

     


 
 
 
 

 

パタゴニア
ミキハウス ミキハウス  


←TOP SITE

 
←TOP
6月
Jun.
   
 

◼2019.7.1(Facebookより)

日本最北端 稚内到着!
6月27日、舞鶴からフェリーで小樽へ。20時間の船旅を終え、無事北海道上陸!康次郎が熱を出しましたが、スタート地点の日本最北端、稚内に到着。
稚内では17年前に達さんが「夢の架け橋プロジェクト」でお世話になった自転車仲間との講演会、稚内市立稚内中央小学校での講演会がありました。
スタートまでの2泊3日、森のようちえん「のっぱら」と自然卵養鶏場「カヤニファーム」を営む伊藤家でお世話になりました。子どもたちはすぐに意気投合し、翌日はお兄ちゃん(10歳)と健康兄弟3人で自転車冒険へ出発!
途中の商店でジュースとお菓子を購入、勇知の町をグルグル。その後、海岸までの長距離ライド。途中、康次郎の自転車から異音。(健太郎が油漏れだと修理!母さん全くわからず)
鹿を目撃。川で石投げ。キタキツネを発見。朝9時半に出発し、海に到着したのは11時半過ぎ。
冷たい海に足をつけ、手でアミエビをすくう。そしてそれを生で食べる健太郎笑。靴もズボンもびちゃびちゃの鼻水康次郎。まだまだ遊びたい子どもたちだけれど、家まで復路が残っています!
康次郎は兄ちゃんたちのスピードにがんばってついて行くが、途中でリタイヤ。もっと早く走りたい兄ちゃんたちは嬉しそう。悪い兄ちゃんたち……。商店でご褒美にアイスをごちそうになり、帰宅は2時半!往復25キロの大冒険。
ひよこの餌やり、たまご取り、庭のアスレチック、おたまじゃくし取り、犬の散歩、穴掘り、サッカー、大好きなゾイドを貸してもらい、美味しいちゃんちゃん焼き(鮭&野菜を焼いて味噌で味付け)にホタテ、極め付けはカヤニファームの新鮮たまごかけご飯……。
見ず知らずの私たちを温かく受け入れてくださり、たくさんの経験をさせてもらい、伊藤家の皆さんに心から感謝しています。そして伊藤家を紹介してくださり、講演会やプレスリリースなど全ての手配全てしてくださった稚内「風の旅人」古川さん、ありがとうございました!(佳)
カヤニファーム
森のようちえん「のっぱら」 

 

     
たまごを数えながら集めるお手伝い

  子どもたちの大冒険(父ちゃんは講演会で不在)!
  ひよこに餌をあげます
  このあたりは酪農がさかん!
             
     
    軍手でたまごをきれいにしながら集めます   とれたての 宗谷のしおかぜたまご!!
カヤニファーム・稚内市上勇知
  冷たい海で遊ぶ子どもたち
             
     
お父さんの輝さんはとっても子ども好き&遊び上手!   輝さん、なんとヘビを捕まえて見せてくれました!   康次郎、ヘビに巻き付かれるの巻
輝さんありがとうございました!
  伊藤家のみなさん、見ず知らずの私たちを家族のように受け入れてくださり、ありがとうございました!!
             
 

◼2019.7.2(Facebookより)

最北の地、稚内にて講演会!

走行スタートに際し、友人の古川氏から嬉しいニュースが入りました。
「中央小学校の校長、教頭、学年担当の先生が、滅多にない機会ですから是非お話を聞きたいと即答をいただきました!」日本最北の地にある小学校から講演会のご依頼でした。雨で延期になった運動会が昨日終わったばかり、夏休みも前で日程が立て込んでいるにもかかわらず嬉しいです。
7月1日(月)稚内市立稚内中央小学校
https://www.wakkanai-chuuou.com/校長室から/

前日は、17年前に日本縦断「夢の架け橋プロジェクト」の講演会に来てくださった自転車仲間「稚内ヴィルデュヴァン」の皆さんを中心とした講演会でした。皆さん本当に温かく迎えてくださり、感激でした。
6月30日(日) 稚内市宝来活動拠点センター

皆さんに元気をいただき、最高のスタートとなりました。ありがとうございました!(達)

     
出発前々日、稚内市宝来活動拠点センターにて   体育館で児童たちに「今日から転校してくるの??」と声をかけられました笑   稚内中央小学校   17年前の稚内の自転車仲間の写真
みんな大笑い!
             
     
中央小学校、家族でお邪魔しました
歓迎ありがとうございます!
      3~6年生のみんな
  みんなとっても元気!
反応がたくさん返ってくる小学生らしい小学生たちでした
             
     
ミキハウスの仲間の応援があって初めて実現しています   中央小学校の講演会が紹介されました
稚内プレス
  6月30日は午前中から!
熱心なサイクリストたちが集ってくれました
  稚内ヴィルデュヴァンの皆さんとの食事会(同窓会)笑
おかげさまで素晴らしいスタートが切れそうです!
             
 
6月
Jun.
   
 
 
 
 
 
 
 
supported by
パタゴニア
ミキハウス ミキハウス    
 
 
 

←TOP SITE

TATSU SAKAMOTO'S WEB SITEは坂本達事務所が運営しています。
掲載内容の無断転用、転載などは 著作権法に依って固く禁じられています。
All rights reserved by Tatsu Sakamoto