1995年に単独自転車世界一周の旅に出てからちょうど今年で20年。今度は坂本家4人で夏休みなどを利用して最長で8年かけて6大陸を巡る冒険に出ます。ご支援してくださっている皆さまに感謝しながら家族4人、チームの力を合わせて世界の家族や異なる大陸の文化に出会います。応援よろしくお願いします!
 

English versions are available here. They are sequentially coming up.

←TOP
 
 
 
 
10月
Oct.
11月
Nov.
12月
Dec.
1月
Jan.
 
 
 

◼︎2015.10.5ミキハウス本社での壮行会の様子
The send-off party at Miki House head office, which Tatsu works for.

     
             
       
 

◼︎2015.10.12関西空港 出発前の様子
Just before the Sakamotos left from Kansai Airport, Osaka.

     
             
     
             
     
◼2015.10.15(Facebookより)
ニュージーランドに無事到着!友人に紹介してもらったオークランドのショーン家にお世話になり、自転車の組立て、情報収集、買出しなどをすませました。何から何までお世話になり、万全の態勢で出発できます。子どもたちも元気です!
We have arrived at New Zealand!
Before we left, a good friend of mine introduced to me the Seans, who lives in Auckland. Sean and his family took care of us, and we assembled our bikes, got local information and bought neccesities for the trip. Thanks to him, we can start our 3 month-journey in New Zealand without any problems !
Yoshika, Kentaro and Kojiro, our sons, and I myself are doing OK.
 (Tatsu)
           
             
◼2015.10.16(Facebookより)
オークランドから約100キロ南のTHAMESという街から、最終目的地のダニーデンに向けて第1ステージ走行開始!
We started riding from Thames, which is about 100 km south from Auckland.
Our final destination of this stage was Dunedin, South Island of New Zealand.
           
             
◼2015.10.17(Facebookより)
Paeroaから Te Arohaへ未舗装のサイクリングトレイルを33キロ。普通に会話ができない程の強烈な向かい風で自転車に乗ることができず、かなりの距離を歩きました。休憩すると体が冷え、子どもたちもクタクタ。道中、たくさんの牛、羊、馬、野うさぎなど子どもの好きな動物がいたのが救いでした。日本で同じ距離をトレーニングしていた倍以上、所要6時間。佳香も子どもたちも、本当によくがんばった! (編集協力: TM OFFICE)
We rode on a graval cycle trail from Paeroa to Te Aroha for 33 km.
The head wind was so strong that we were not able to ride our bikes, so we had to walk for quite a long distance.
When we were taking a rest, we were getting freezing.
Although our kids were exhausted, we had a good thing happen to us. They were able to see lots of their favorite animals, such as cows, sheep, and hare.
It took us 6 hours to ride 30 km, which was more than double the training time we had had in Japan.
Yoshika and my sons surely did a marvelous job today!
   
◼2015.10.21(Facebookより)
Te ArohaからMatamata経由でレイクタウポへ向かう予定でしたが、交通量が多い国道は小さな子ども連れは危険とアドバイスを受け、急きょルートを変更。再びPaeroaに戻ってサイクリングトレイルでWaihi を目指すことにしたので、Paeroaまでヒッチハイクに挑戦!始めてから15分、ロキシーというニュージーランド人が声をかけてくれ、なんと自転車ごとワゴンで乗せて行ってくれることに!Waihiまでの走行をすぐにスタートすることができました。
かつて汽車が通っていた線路を撤去したところに、自転車やハイカー用のトレイルが整備されています。1キロ以上ある水が滴るトンネルは真っ暗!安全上、日本ではあり得ない状況を体験することができます。
途中雨がぱらつきましたが、子どもたちは元気です。すれ違うサイクリストには「すごい!」「かわいい!」と言われ、所々、残された汽車の車輪や線路を見つけては喜んでいました。(続く)
Although we had planed to go to Lake Tekapo via Matamata from Te Aroha, the local people strongly warned us that the route was too dangerous for us to go by bike with small kids due  to the heavy traffic.  We changed our route to go via Paeroa, where we passed the previous day.  Besides, we decided to hitch a car that could take us to Paeroa.  Though we had expected that it would be difficult to find a car as we had 3 bikes, panniers bags, and 4 people, only 15 minutes after we left, a New Zealander named Roxi found us and offered a ride with her van.  It was just like a miracle.  Thanks to her, we were able to start riding to Waihi on our way to Lake Taupo.
We rode a trail for bike riders and hikers, which used to be a railway in the old times.  Along the trail, we passed through a one-kilometer-long tunnel with water dropping from the ceiling and, what was worse, with no single lights.  We enjoyed the experiences that we could hardly have in Japan due to this kind of safety regulations.
It lightly rained, but my sons enjoyed riding, cheered by the cyclists there shouting “Wow, Great!” or “Amazing!”  Also, they liked finding ruined wheels of steam trains and railways. Both of my sons are doing fine!
         
             
◼2015.10.21(Facebookより)
この日も午後から強風が吹くようになり、ワイヒのキャンプ場目前のハイウェイを横断する際、突風で佳香、康次郎が道路で転倒してしまいました(幸い車は来ていませんでした)。車が停まり心配した女性が手を貸してくれたので、キャンプ場の場所を聞くと「寒いうえに子どももいるし、きれいじゃないけど、よかったらうちに来ない?もうすぐ主人が仕事終わりにこの道をトラックで通るから、自転車も乗せられるわ!」
喜んで誘いを受け、連れて行ってもらうと広大な土地に、子牛、ロバ、ヤギ、犬、池にはたくさんの魚たち。家は改装中でレンガ、砂、岩、左官道具、たくさんの貝殻など、子どもたちにとってはまさに楽園。着くなり動物たちに餌をあげたり、岩を登ったり砂を運んだりと忙しく遊んでいました。
明日は60キロ離れたタウランガへ向かう予定だというと、「明日も強風だしハイウェイの状況もよくないから、トラックで送って行ってあげるわ!」話し合い、結局ヨーランダと子どもたち、犬が送って行ってくれることに。

In the afternoon, the strong wind started blowing.  When we were looking for a Waihi camping site, strong winds caused Yoshika and Kojiro to fall over.  Although it was on the highway, luckily no car passed along us.  A lady named Yolanda, who had seen the accident, came out from the car and helped us.  After we told her that we were on our way to the camping site, she kindly said, “It is too cold and windy to stay in a tent.  Why don't you come to our house?  We have kids, so it is not very tidy, though.  My husband is coming over this road soon after his work is done, so he can bring you with your bikes."

We accepted her offer with pleasure.  When we visited their house, we found cows, donkeys, sheep, dogs, and fish in their vast land.  The house was under renovation and there were blocks, rocks, sand, shells, and carpenters tools here and there, which made our sons very excited.  As soon as we got to the house, my sons began to feed their animals, to climb rocks, and to bring sands.

When we told them that we were going to Tauranga the next day, they advised us that we should not go there by bike, especially with small kids because traffic conditions would be bad and strong winds would blow.  She again offered us a ride to Tauranga by their truck the next day.  The next day, Yolanda, her kids and dog drove us all the way to Tauranga, which is about 60 km away from Waihi.
     
             
     
             
     
             

◼2015.10.23(Facebookより)
健太郎が「やっぱり日本がいい」と涙がぽろぽろ。
食事中も明日の道は安全か、宿はあるか、これからどのルートでいくかといった話ばかり。長くても同じところに2泊で移動、というスタイルにまだまだ体も心も慣れないよね。寝る前に「昨日のおうちに泊まりたい」と言っていたなぁ。
健太郎がカレーを食べたいというので、ルーを探しにスーパーへ。100グラム3.7ドル(約300円、日本の4倍!)。2箱買いたいけれど、節約してトマト缶をプラスしてトマトカレーにすることに。
ちなみにお米はオーストラリア産で1キロ3ドル。持ち運びに便利ですが、2食でなくなります。ちなみにちなみに外食はチャイニーズのテイクアウト「うどん」が10ドル(約820円)もします!!!
その日の宿にジョー○○○○○(3回聞いても聞き取れなかった)という名の救世主が。10歳の彼はトランポリンでずっこけてみせる、草の中へ突っ込むといった体を張ったパフォーマンスで子どもたちを大いに笑わせてくれました。午前午後と一緒に遊んでもらい、健太郎もすっかり元気に。
夕食はカレー(薄味)に、ほうじ茶もプラスして大喜び。日本では毎日当たり前に飲んでいたほうじ茶でこんなにも盛り上がる。健太郎、康次郎はモリモリ食べながら「カレー作ってくれてありがとう」。カレーを食べて、ほうじ茶を飲めること、お風呂に入れること、幼稚園に通えること、当たり前が当たり前じゃないということを家族でしみじみと実感しました。翌日は残しておいたカレーで、カレーパスタを楽しみました!! (佳香)

“I prefer living in Japan.”  Kentaro, the elder brother, started crying. It has been two weeks since we left Japan.  Even while we are having lunch or dinner, we talk about the route to take tomorrow.  For instance, we wonder whether it will be a safe route to ride, whether we can find a supermarket along the route, or whether we can find a place to stay at night.  It has not been fun for our kids because we ride everyday and we sleep in different places every night.  We stay at one place for two nights at the longest.  As we don't bring any toys or children books for our kids, it must be difficult to adjust themselves to these circumstances.  Come to think of it, yesterday Kentaro said “I wanted to stay at the place where we slept last night.”
As Kentaro told me that he wanted to eat curry and rice, one of his favorites in Japan, I went to a supermarket and found a curry roux, but it cost more than 4 times when I buy it in Japan!!  I wanted to buy two packages, but to save money I bought a canned tomato to cook tomato-curry instead.  You can buy one kilo of packed rice for 3 NZ$ (about 250 yen).  It was easy to carry, but we finished eating them just in two meals.  A take out Chinese noodle costs 10 NZ$ (820yen)! !

On the day we ate curry and rice, we met a 10-year-old boy, named Joexxxxxx (I asked his name 3 times, but I couldn't get it,) played with Kentaro in the camping site.  He purposely dropped from a trampoline, dove into a bush when he was running.  He made Kentaro laugh so much.  Kentaro gradually got his big smile back as Joexxxx played with him from the morning to the afternoon.

We had curry and rice with roasted green tea which our sons liked very much for dinner.  They got so excited to be able to drink roasted green tea, which is ordinary in Japan.  Both Kentaro and Kojiro ate a lot of curry and rice, and said “Thank you for cooking us curry and rice.” We fully appreciated that we were able to eat curry and rice, to drink roasted green tea, to take a bath, and to go to kindergarten.  These are normal things in Japan, but not quite so here in New Zealand.  The next day, we cooked curry and pasta with leftovers of the previous day. (Yoshika)

     
             
           
◼2015.10.24(Facebookより)
タウポから50キロ先のトゥランギを目指して出発!サイクルショップで道路状況を尋ねると「子連れであの部分は走りたくないね」という危険個所があるステイト・ハイウェイ(最も交通量が多い幹線道路)。日曜日なので大型トラックや車も少ないと期待を込めて…。
スタートしてしばらくは湖沿いの自転車道があったのだが、砂浜のような道でハンドルが取られて佳香が二度も転倒。後ろに座っている康次郎をかばってこけるため、腰をひねって痛めてしまった。その後ステイト・ハイウェイに出ると、ものすごい上り坂。幸い車は避けてくれるが時速100キロを超える猛スピードで真横を走られると生きた心地がしない(制限速度が100キロ!)。乗り慣れていない佳香は背後から車の音が聞こえる度に、「ここでもしバランスを崩して転倒してしまったら…」と恐怖で体が固まり、ハンドルを握る手に力が入ってしまうようだ。振り返ると限界がきたようで、佳香が自転車を押して歩いている。康次郎と荷物が重くてなかなか進まないのだ。康次郎に歩いてほしいと頼んでも「いやだ!いや!」と号泣。泣き叫び、座り込む康次郎をなだめすかしてやっとのことで登りきると、今度はゆるやかな坂が延々と続く。気分転換になる動物の姿も見えず、黙ってひたすらこいだ。
民家を見つけてボトルに水をいただく。優しいおばあちゃんが敷物を持ってきてくれたので、佳香が朝作ったおにぎりを食べてしばし休憩。久々の梅干しのおにぎりが最高にうまい!!
走り出すと間もなく、話に聞いていた「危険個所」。曲がりくねった上り坂に路肩はなく、あまりに危険なので引き返してヒッチハイクすることに。家族4人に自転車2.5台と大荷物。簡単に車は見つからないだろう…。車が5台も止まってくれたが、全て乗用車。どうにもならない。心配して引き返してきてくれたり、他の道はないか考えてくれたり、優しさに胸がいっぱいになる。
40分ほどして一台のキャンピングカーが引き返してきて、「どうしたの?何があったの?!」と女性が心配そうに駆け寄ってきてくれる!訳を話すと、「あなたたちはラッキーだわ!この車は両親のもので自転車のキャリアがついているの!!どこへでも乗せていってあげるわ」。シェリー、アリ(旦那さん)、7歳のわんぱくな男の子に5歳のシャイな女の子。初めてのキャンピングカーにうちの子どもたちは興奮気味。「トゥランギまで乗せて行ってあげる」というありがたい申し出を丁寧にお断りし、5キロほど先の安全なところで降ろしてもらった。シェリーは電話番号を教えてくれ、「パーマストンノースに来ることがあれば、必ず連絡して!いつでも泊めてあげるわ!」。なんてさりげなく、なんて温かいのだろう。
シェリーたちに元気をもらい、どんどん進む。地平線まで続くような直線で、健太郎の足はピッチよく回り続けている。強い日差しがしんどいだろうに、弱音もはかずに黙々とペダルをこぐ彼に励まされる。
夕方5時、トゥランギ到着。朝9時半に出発して7時間半。走行45キロ。みんなよく頑張った!康次郎もチャイルドシートでよく耐えた。無事にこの日を終えられるのは、縁あって出会ってくれた人たちのおかげであり、応援してくれる人たちのおかげなのです。(達)
     
             
       
◼2015.10.29(Facebookより)
夕方5時、トゥランギの町に入ったとたん、「なんだか、この町好きー!」と叫ぶ佳香。
町の入口に広く澄んだ川があり、釣り人の姿がちらほら…。人も車も少なく、サイクリングを楽しむ老夫婦、山と緑、川と自然豊かな美しい町。確かに穏やかな空気が流れている。
スーパーに「幼稚園で遊べます!」と現地の子ども向けの張り紙を見つけ、子ども同士の出会いもあるかと行ってみることに。翌朝、「長い旅の途中で子どもが日本の幼稚園を懐かしがっている」と話すと「どうぞ、どうぞ、たくさん遊んで行ってください!」とのこと。
園庭には砂場に出し放しの水道&ホース、さまざまな遊具、乗り物、トランポリン、丘があったり、花壇があったり、本物の工具なども置いてある。室内には絵の具の机、粘土の机、おままごとスペース、楽器のスペース、絵本スペースなどなど。子どもたちは興味のあるもので自由に、そして夢中になって遊んでいる。遊ぶのに忙しくて、途中から入ってきた私たちに興味津々で集まってくるでもなく、といって無関心でもない。そんな空気がシャイな健太郎にはよかったようで、すぐに園庭へ走り出した。康次郎も負けじとペダルなし自転車を乗り回し、楽しそう。
子どもたちは2歳から5歳までで約40人、クラスはない。髪の色も黒、茶、金色、目も肌の色も違う。言葉は英語とマオリ語を話すという。先生は全員マオリの人たちで、なるほど数字や歌など、英語とマオリ語が併記されている。
健太郎が「あさひ幼稚園に行きたい」と言っていたので、どこかで幼稚園に行けたらと思っていた。難しいかな、と思っていたがこの町でこんなに素敵な幼稚園、そして先生たちと出会えるなんて。晩御飯を食べながら健太郎と康次郎に「また幼稚園に行きたい?」と聞くと口を揃えて「行きたい!」。翌日も朝8時半から幼稚園へ。
無料で遊ばせてもらっているし、私たちにできることは何でもしますと伝えると、
「お金のことも手伝いも気にしないで。子どもたちがかわいいから何もいらないわ。何日でもウェルカムよ!」とのこと、感激!翌日も、翌々日も2人が行きたいと言うので、こんな機会も少なかろうと滞在予定を延長して結局4日間お世話になった。
最終日は健太郎の通う幼稚園の動画や家での写真を見せたら、子どもたちには運動会の動画が特におもしろかったようで「ゴー!ケン、ゴー!!!」と大盛り上がり。帰りにみんなが「明日から気をつけて走ってね!」とハグやキスをしにきてくれたが、健太郎は驚きと照れでカチカチ。
最後は先生に幼稚園のTシャツ(記念に買おうと思っていた!)と絵本を3冊もいただき、2人は大喜び!突然訪れたよそ者を、ごくごく当たり前に受け入れてくれる先生や子どもたち。優しさや温かさをたくさんいただき、この町でも素晴らしい出会いに恵まれた。この町に入った時、佳香が「この町好き!」と言ったことに応えてくれたのだろうか。(達)
     
「また明日ね~!」   お世話になった幼稚園!        
             
     
健太郎が通う幼稚園の運動会を紹介。かけっこの様子を見ながら、みんなが応援してくれた(笑)   言葉が通じなくても追いかけっこは万国共通   「みんな砂場に集まって~!」何が始まるかと思ったら、先ほどまで工作していた木片を燃やしだし、切ったばかりという子羊のしっぽを焼き始めました(驚)。煙とともに毛の燃えるにおいが…   毛が燃えて煤になったところで皮をつるっとはがし、塩を振りかけて「いただきます!」。軟骨がコリコリした珍味でした。健太郎はふた口、康次郎は二本食べました。いきなり始まり、すぐに終わったイベントでした(笑)
             
     
マオリのベテラン先生。本当によくしてくれました。
たまたま自宅でサツマイモを収穫している写真を見せたところ、「クマラ(マオリの伝統的なサツマイモ)だ!」「私たちと同じものを食べている!」とみんなが盛り上がり、その反応に驚きました。
           
◼2015.10.30(Facebookより)
幼稚園との出会いがあったトゥランギからナショナルパークを目指す。ナショナルパークは北島中央部にあるマオリの聖地である山々がある、トンガリロ国立公園へアクセスする拠点の一つ。
走り始めて1時間ほどして、路肩のない急な上り坂が始まる。佳香の腰を案じてヒッチハイク開始。…したものの、今回は悲しいほど車が通らない。乗用車が心配してとまってくれる。気長にいこうと話していたとき、バンがスピードを落として停まってくれた。
「野外活動のキャンプをしている生徒を迎えに行くところなんだけど、その分かれ道までならOKよ!」。まさかこんなに早く!?家族みんなで大喜び。
中学校の野外活動の先生で、名前はレイチェル。「住まいはニュープリマスの方なの。だからこのあたりは全くわからなくって。この土地のことや山の名前など教えてあげたいけどわからなくてごめんね。」乗せてもらえただけでありがたいのに、その優しさにまた感謝する。
20分ほど乗せてもらい、降ろしてもらったところから目的地まで26キロ位。あたりは低木しか生えていないので、風が吹き荒れているが天気が良いのが幸いだ。気を引き締めて出発!
上り坂が続いて標高が高くなっているせいか、佳香の左耳が詰まっているようで苦しそう。何度も止まりながら進んでいく。上って上ってカーブが見え、やっと下りかと思うとまだ上りが続いている。こんなことの繰り返し。お昼休憩をとり、サンドイッチを頬張る。もう少しゆっくりしたいとろだが、休んでいるとどんどん体が冷える。佳香の足の感覚はずっとないままだ。子どもたちは「あ、馬だ!」とか「あの車、おっきいから乗せてくれるんちゃう?」とかのんきな感じ(笑)。
そういえばこの荒涼とした光景の中、風の音しかしない状況でペダルをひたすらこぎ続けるのはチベットを走っていた時を思い出す。ずっと左手に見えている、雪を被ったナウルホエ山を健太郎が「富士山だ!」と言うと、康次郎も「ふじちゃん!」。その一言に救われる。「ふじちゃん」が見守っていてくれる、がんばろう。
上りが終わり、久々の下り坂。喜んだのもつかの間、また上り、次は下りの繰り返し。このパターンがなかなかつらいのだが、ミラーを見るとだんだん佳香が遠くなっていく。スピードを落としても佳香との距離は縮まらない。いつもはここで近づいてくるのだが…大丈夫だろうか。健太郎も「ぜんぜん着かない!」の繰り返し。
補給食のドライフルーツを食べて励ましながら進む。「あと少し!」と努めて明るく家族を励ますが、ゴールが見えてこない。前からくる車がクラクションを鳴らしてくれたり、手をあげてくれたり応援してくれる。本当にありがたい。
遠く、遠くに町が見えてきた。ナショナルパークだ。風が強くなかなか近づかないがもうすぐだ。「あそこが今日のゴールなの?」健太郎が心配そうに聞いてくる。「そうだよ!」。いつもならここで俄然張り切ってペダルをこぐのだが、今日は足が動かない。アップダウンが続いてしんどかっただろう。佳香も標高のせいか頭がぼーっとしている。
午後4時過ぎ、無事にナショナルパークに到着。この日の走行32キロ。今日も重い荷物と寒さに耐えながら大変な道をがんばった!
ユースホステルに宿を取り晩御飯の買い出しに行くと、レジのおじちゃんが「ちょっと待ってて」と何かを取りに行ったと思ったら、「ハッピーハロウィーン!」と子どもたちにお菓子の袋を。ちょうど、今日はハロウィーンだね、と話していたので二人は嬉しそうだ。つくづく、自分たちの力だけでは進めないことを実感している。(達)
     
「KIWI飛び出し注意」のおかげで盛り上がる!!   ナショナルパークへ続く、路肩のない道   ハードな上り坂。相変わらず路肩がなく、制限速度は時速100キロ   ヒッチハイクで乗せてくれた中学校の先生、レイチェルと
             
     
健康兄弟、休憩タイム~   お昼を食べた後、果てしなく続く道を進む   康次郎のトイレタイム後、出発!   宿探し中、KIWIに遭遇!
             
         
「あ!富士さん!」BY健太郎
「ふじちゃん!」BY康次郎
  走ってきた方向を眺める。ナショナルパークにて        
10月
Oct.
11月
Nov.
12月
Dec.
1月
Jan.
 
 
supported by
パタゴニア
   
ミキハウス  

←TOP SITE

TATSU SAKAMOTO'S WEB SITEは坂本達事務所が運営しています。
掲載内容の無断転用、転載などは 著作権法に依って固く禁じられています。
All rights reserved by Tatsu Sakamoto