2013年10月6日(日) 愛知県名古屋市
星ヶ丘三越百貨店
「やった!自転車世界一周の夢、実現!」
自転車世界一周パネル展 10月2日(水)~8日(火)


イベントの前後で一週間、5階の広いイベントスペースにテントや写真パネルを
展示していただき、ドキュメンタリーDVDの放映もしてPRをしてくださいました。
当日は、パネルを見て再度足を運んでくださったお客様もいらっしゃいました。
たくさんの著書やDVDのお買い上げ、ありがとうございました。当日お買い上げ
いただいた書籍・DVDの印税は東日本大震災の被災学生への奨学金等へ、全額寄
付いたします。

 

 
イベントの様子  
 
 

2013年10月12日(土) 神奈川県横浜市
上大岡京急百貨店
「やった!自転車世界一周の夢、実現!」
坂本達トークイベント&パネル展
パネル展 10月4日(金)~12日(土)

3年前にもトークイベントでお世話になった上大岡京急様。担当の方と3年振りの
再会でした。パネル展中は世界一周中に使ったテント、コッフェル、短波ラジオ、
浄水器や薬箱などもショーケースに展示。トークイベントも熱心な参加者がおら
れ、盛り上がりました。なんと百貨店の方で、かつて就職活動でミキハウスのセ
ミナーに来てくださり、私の本をお買い上げ下さった方もいらっしゃいました。
当日著書やDVDをお買い上げ下さったみなさま、ありがとうございました。書籍
・DVDの印税は東日本大震災の被災学生への奨学金等へ全額寄付いたします。

 
イベントの様子  
 

2013年11月9日(土) 大阪府大阪市
大阪高島屋 6階ローズパティオ
「今、子どもたちに伝えたいこと」
坂本達氏撮影 写真パネル展示
午後1時・3時(各回約1時間)


今回、イベント会場に30枚もの写真パネルを展示していただきましたので、多くの方が足を止めて下さいました。トークイベント中は普通にお客様が声をかけてくださるなど、アットホームな雰囲気でした。
2回目の会には食器を買いに来られた方が参加してくださったのですが、その方は5年前のミキハウスの就職セミナーに来てくださり、私の本を買ってくださった方でした。さまざまなご縁に感謝するばかりです。
当日著書やDVDをお買い上げ下さったみなさま、ありがとうございました。今回もたくさんご協力いただきました。書籍・DVDの印税は東日本大震災の被災学生への奨学金等へ全額寄付いたします。

 
イベントの様子  
 

2013年11月19日(火) 岩手県盛岡市
第一学院高等学校 盛岡キャンパス
会場:岩手県盛岡市盛岡駅西通1丁目7-1 アイーナ6F
「未来を担う子どもたちへ」~自転車世界一周から学ぶ人間関係と友達作り~
主催
岩手青年国際交流機構
日本青年国際交流機構(IYEO)


今年の7月に引き続き、岩手県青年国際交流機構(IYEO)の田村会長が花巻空港まで車を飛ばして迎えに来てくださり、今回はIYEOの松崎さんが第一学院高等学校との窓口になって企画してくださいました。多忙な中、みなさんスケジュールを調整して積極的に動いてくださり感動します。
今回は第一学院高等学校のソーシャルトライアル「夢授業」の一環です。これは第一学院のオリジナル授業で、様々な職業や分野で活躍する人たちの話を聞いたり、体験をしたりするものです。自転車世界一周や海外でのプロジェクトを通じて「夢や目標を実現するためには念入りな準備を」「相手が大事にしていることを尊重したら、自分が大事にされた」「自分の持ち味を活かす。弱点も考えようによっては個性や長所になる」「経験が自分を変えた」など体験を通じてお話をさせてもらいました。最後に「何か質問でも感想でもありませんか?」と聞くと、と女子生徒が「よくやったな、と思いました」と感想を述べてくれました。嬉しかったです。

 
イベントの様子  
 
主催の日本青年国際交流機構(IYEO)から著書とDVDを贈呈  
 

2013年11月20日(水) 宮城県石巻市
石巻市立開北小学校
「自分をみつめて、よりよく生きるには?」
夢をつかめ!自分の夢を実現しよう!~自転車世界一周の経験を通じて~
主催
宮城青年国際交流機構
日本青年国際交流機構
共催
特定非営利活動法人まなびのたねネットワーク
http://www.manabinotane.net/
まなびのたね「facebook」
https://www.facebook.com/manabinotane


今年の7月に続き、今回も宮城IYEOの伊勢副会長(特定非営利活動法人まなびのたねネットワーク)が調整を進めてくださいました。この開北小学校は、伊勢さんの「まなびのたねネットワーク」が年内に教育プログラムを実施する予定の小学校です。ここには仮設住宅やみなし仮設から登校している児童が、各クラスに5人程度います。その児童はみな、沿岸部学校からの転校生。震災から2年8カ月が経ち、家を建て直して仮設住宅から出ていく家族と残る家族とに分かれ、子どもも色々感じているようです。親も子もストレスを抱えてしまうのは、やむを得ない状況かもしれません。
今回は5,6年生対象で、先生からは、「あきらめないことの大切さ、夢を持つこと、挨拶の大切さを伝えて欲しい」とのご要望でしたが、それは私がいつも伝えたいと願っていることです。6年生は、「自分をみつめて、よりよく生きるには?」をテーマにしていました。授業の一環で、地域のために何ができるかを考え行動しているそうですが、ここで改めて自分自身に向き合おう、ということでした。近い距離で座ったこともあり、児童はみんなキラキラした目で話を聞いてくれて、逆に夢をもらった気分です。外部から人が来ると最初はみんな構えてしまう、と聞いていましたが、まったくそんなことはなく、最初からとってもフレンドリーでした。みなさん、ありがとうございました。

 
イベントの様子  
 

5年】
○私はアフリカや南の方の人々は、生活がまずしかったり、食べ物は好きな物やあまり食べられないことや病気になったら治せなかったり、体の小さいうちになくなってしまうと聞いて悲しい気持ちになりました。私たちは南の方の人たちよりも自由に過ごせるにの助けてあげられないのがはずかしく思います。困ったことがあれば助けてくれるのに何もできないのが悲しいです。それを達さんが助けてあげたのですごいと思いました。

○私は達さんのお話を聞いて改めて「あいさつ」の大切さや人との接し方や国、言葉、肌の色が違っても平等に接すること、相手の大切な物は大切にするということがどれだけ大切かということを改めて考えさせられました。そして自分の考え一つで人生が明るくなるとい思いました。今日は本当にすばらしいお話をしていただき、ありがとうございました。

○達さんは12カ国語くらい話せると聞いてすごいと思いました。ペラペラに話せなくても通じるんだということを学びました。

○坂本さんは、親に買ってもらった世界地図を見て行ってみたい所に印をつけたのがいいです。私もこのような人になりたい。

○色々な写真を見て勉強になりました。世界はすごく大きかったです。いつか日本とか世界中を旅したいです。いつか母とヨーロッパに行きたいです。(特別支援児童)

○ぼくがビデオを見ました。落ち着きました。じっくりみました。(特別支援児童)


【6年】
○「最初からあきらめちゃだめ」という言葉に感動しました。私もこれから夢に向かってがんばっていきたいと思いました。

○私も転校してきたばかりで、これで3つ目の小学校です。石巻は前に住んでいたところと違う所が多いので、みんなに受け入れてもらえるか心配でした。でも今はクラスのみんなともなじめて、とても楽しい毎日を送っています。私は将来、看護師になりたいのですが、坂本さんのお話を聞いて、なんでもチャレンジしてみたり、あきらめないことが大切だと、自分で思っていたよりも大切なんだと思いました。大切なことに気づかせてくれて、本当にありがとうございました!!

○達さんの生き方を聞いていると、とてもつらかったなぁと思いました。私なら学校をずっと休んで部屋に閉じこもっていると思います。でも達さんは、自信をもっていました。私もこういうことがあったら、達さんみたいに自信をもって頑張りたいと思います。

○私が坂本さんのお話を聞いて学んだことは、5年生のときに「世界一周したい!」と言ったときにみんなにからかわれたけど、大人になって実際に経験してみるとみんなから「ムリ!」と言われたことがムリじゃなくて、「世界一周を制覇したことを通して、人生は経験しないと分からない」ことが分かりました。

○達さんのお話を聞いて、とても面白かったし、勉強になりました。5年生の時の話をしてくれて、達さんも私たちと同じ小学生だったのだと実感でき、より共感できました。

 

2013年11月20日(水) 宮城県石巻市
石巻市立住吉小学校 
夢をつかめ!自分の夢を実現しよう! ~自転車世界一周の経験を通じて~

主催
宮城青年国際交流機構
日本青年国際交流機構
共催
特定非営利活動法人まなびのたねネットワーク
http://www.manabinotane.net/
まなびのたね「facebook」
https://www.facebook.com/manabinotane


午前中に講演をした開北小学校から車でわずか5分のところにある小学校。到着すると校庭で体育の授業中でしたが、近くにいた児童たちが「こんにちは!」「今日お話ししてくれる人ですか?」と人懐っこく挨拶をしてくれました。先生方も元気に挨拶してくださいます。
こちらでも5,6年生の児童(53人)が対象です。5,6年生と言うと、私が「自転車で世界一周したい!」と思い始めたタイミングです。みんなとても真剣に話を聞いてくれ、質問をすると素直に手を挙げ、笑うところでは後ろにひっくり返って笑うなど、聞き方も大変上手でした(笑)。本当にかわいい子どもたちです。最後には学年ごとに代表の児童が謝辞と感想を述べてくれました。

住吉小学校での講演後、石巻市の大川小学校を訪れました。3月11日の東日本大震災直後、校庭で整列したまま逃げ遅れ、全校児童108人の7割に当たる74人が津波に飲み込まれて死亡、行方不明となったところで、耳にしたことのある方も多いと思います。そこには被災当時のままの校舎と、「もっと生きたかった」という無念だけが残っていました。私たちはここから多くのことを学ばなくてはならないのと同時に、決して風化させてはいけないと思いました。当時のことが新聞記事を中心にまとめられたサイトがありますので、ご紹介します。
大川小学校を襲った津波の悲劇・石巻

 
イベントの様子  
 

【5年】
「一つのあいさつ、一つの勇気」
今回の坂本達さんの世界一周の旅のことを聞く機会があってよかったです。坂本さんは、中学2年生の夏、お兄さんと一緒に東京から大阪に自転車で行ったそうです。そこでは地元の人たちが優しくしてくれたそうです。私はこれが夢への第一歩だと思いました。(中略)私は坂本さんのこの言葉が気に入りました。
「夢を持つこと」「あいさつで変わる」「待っていてもこない」
この3つの言葉は世界を旅したからこそ言える言葉だと思います。今私達にできることをしたいと思いました。


【6年】
「坂本たつさんへ」
ぼくは画家になるのが夢ですが、坂本さんのような、学校の図書室におかれるほど、すごい本を作ってみたいと思いました。つまり、坂本さんのおかげで、僕のやりたいことが一つ増えたということです。石巻に来てくれて、本当にありがとうございました。

「坂本達さんへ」
これからも僕たちを忘れないでください。ぼくらもきっと忘れません。自転車世界一周お帰りなさい。最高のべんきょうでした。

「自転車世界一周の旅」
今まで私は、夢なんか叶うわけがないと思っていたし、小学校からの夢なんてむりに決まっていると勝手に決めつけていました。でも夢は、叶うように努力すれば叶えられることがわかりました。また住吉小学校に来てください。

 

2013年12月25日(水) 福岡県福岡市
福岡三越
9階 三越ギャラリー 午前11時~/午後2時~
クリスマススペシャルトークイベント「やった!自転車世界一周の夢実現


由緒ある「三越ギャラリー」というスペースで、念入りかつ重厚な準備をしていただきました。パネルの作成から設営まで多くの業者さんに関わっていただき、前日のリハーサルを含めてかなり大掛かりになっていたので、無事に終わってホッとしています。
当日は福岡県内だけでなく、佐賀県、熊本県から来られたお客様もいらっしゃいました。午前・午後、各回約100名、ほぼ満席でした。今回、福岡三越様にこのような機会をいただけてとても感謝しています。
クリスマスイベントということで、拙著『やった。』を抽選で合計30冊プレゼントさせてもらいました。結構な割合で小学生の子どもたちが本を当てていたのが嬉しかったです。
当日ご参加いただき、著書やDVDをお買い上げ下さったみなさま、ありがとうございました。書籍・DVDの印税は東日本大震災の被災学生への奨学金等へ全額寄付いたします。

 
イベントの様子  
福岡「三越ギャラリー」でのトークイベント MCの方はサンタクロースの格好です!
三越ギャラリー前のスペースです。
(写真にはありませんが、ギャラリー内にもギニア、ブータンなどでの活動パネルを20枚ほど作っていただきました)
三越ギャラリー トークイベントの告知チラシ
 

No.38 2014年3月22日(土)群馬県前橋市
前橋スズラン百貨店 本館南5階イベントホール 14時~
イベントホール入口にて「自転車世界一周写真パネル展」開催

No.39 2014年3月23日(日)群馬県高崎市
高崎スズラン百貨店 本館7階 11時~/14時~
本館7階エレベーター前にて「自転車世界一周写真パネル展」開催


スズラン百貨店の渋澤社長がミキハウスの展示会に来られた際、「ぜひ、やりましょう!」と即決したイベントが実現しました。2日間に渡り、前橋・高崎の両店舗にて、開催されました。百貨店の方やミキハウスのスタッフが周到に準備を重ねてくださり、今回はパネル展だけでなく、世界一周に使った自転車や、テント、シュラフやコッフェルなどの小物の展示もありました。

イベントは両日を通じて家族連れが参加され、アットホームな雰囲気でした。高崎ではボーイスカウトの小中学生たちが自転車のヘルメットを持ってきて「サインしてください!」と並んでくれたのは嬉しかったです。イベントではたくさんの新しい出会いはもちろん、群馬はよく講演会に招いてもらっていますので、懐かしの再会も多く、講演を聞くのが4回目(!)という親子や、小学校の同級生が来てくれるなど、中身の濃い2日間でした。今回、スズラン百貨店様にこのような機会をいただきとても感謝しています。群馬県がさらにぐっと近く感じるようになりました。またご縁があると嬉しいです。ありがとうございました。

当日ご参加いただき、著書やDVDをお買い上げ下さったみなさま、ありがとうございました。書籍・DVDの印税は東日本大震災の被災遺児、被災孤児への育英金・奨学金等へ全額寄付いたします。

 

 
イベントの様子
前橋スズラン
 
イベントホール入口「自転車世界一周写真パネル展」 世界一周に使用した携帯式浄水器、寝袋、調理用コッフェル、短波ラジオ、薬箱、注射器なども展示
 
イベントチラシ
高崎スズラン  
本館7階エレベーター前「自転車世界一周写真パネル展」 ボーイスカウト高崎18団の滝澤さまが、ボーイ隊のスカウトのみんなを連れて来てくださいました
子どもたちからは「お尻は痛くならないのですか?」などの質問も
 

No.40 2014年4月6日(日)京都府京都市
京都高島屋 5階アネックス特設会場 14時~


特設会場にて写真パネルと自転車の展示をしていただき、約50名の方にご参加いただきました。嬉しいことに家族連れが多く、半分以上が子どもたち。世界中で出会った動物やハプニングの紹介に大盛り上がりでした(笑)。小さい子どもたちも最後まで1時間座って聞いてくれ、みんな立派でした。
今回初めてお会いする方がほとんどでしたが、かつて京都市内の講演会でご縁のあった方々も来てくださり久々の再会を喜んだり、個人的なことになりますが、かつて私が採用したミキハウスの社員がOG社員として2人京都高島屋で勤務していて、5年生になるお子さんたちを連れてきてくれたりしました(時間の流れを実感します…)。
当日ご参加いただいたみなさま、書籍やDVDをお買い上げ下さったみなさま、ありがとうございました。印税は全額、東日本大震災の被災遺児・被災孤児への育英金・奨学金に寄付いたします。

 

 

 

京都高島屋のチラシ

 
 
 
 
 
         
 
         
 
 
 
TOP
 
 
 
TATSU SAKAMOTO'S WEB SITEは坂本達事務所が運営しています。
掲載内容の無断転用、転載などは 著作権法に依って固く禁じられています。
All rights reserved by Tatsu Sakamoto