現在、さまざまな講演を企業・学校などで、
テーマに合わせて幅広くおこなっております。
 

坂本達からのメッセージ
「自転車世界一周」といいますと、実生活や仕事とかけ離れたことと思われがちですが、悩んだり落ち込んだりしながら反省し、周りの人に支えられながら、わずかな光を頼りに自ら勇気付けて前に進む。日本の生活と同じです。特に子どもたちには、夢は叶うということ、人は支え合って生きているということを、学生や社会人には自分次第で可能性はいくらでも広がること、いくつになっても夢をあきらめないことなど、豊富な引き出しからメッセージをお伝えします。日常の仕事、人間関係、コミュニケーション、物の考え方などですぐに実践できる「ヒント」を、さまざまな実体験と、笑いあり涙ありの映像と世界中の感動的なスライドを交えて、わかりやすくお話しいたします。 →さらに読む


テーマ、内容、形式などご希望に応じます。 講演時間の目安は質疑応答を含めて90分が基本ですが、30〜120分で可能です。 お気軽にご相談&お問合わせ下さい! →坂本達事務所

 


坂本 達(さかもと たつ) 株式会社ミキハウス 社長室
1968年生まれ、東京都出身。7歳から11歳まで父親の仕事の関係でパリに暮らし、そこで見たツール・ド・フランス(世界最大の自転車レース)に魅せられ、以来、自転車の虜に。 1992年、早稲田大学政経学部経済学科卒業、同年、株式会社ミキハウスに入社。商品部、人事教育課を経て、1995年9月26日〜1999年12月28日までの4年3ヶ月間、有給休暇扱いで自転車「世界一周」の旅へ。 2002年5月5日〜12月25日は自転車で日本を縦断する「夢の掛け橋プロジェクト」 で86会場を回り講演。2003-2007 JICAピース・トーク・マラソンに参加。2004年度、内閣府主催「東南アジア青年の船」(第31回)にナショナルリーダー として参加。2005年度、内閣府主催の青年国際交流事業「21世紀ルネッサンス青年リーダー招へい」社会貢献活動グループのアドバイザーとして参加。 2006年・第19回「関西・こころの賞」受賞。著作に、『やった。』、『ほった。』(いずれも三起商行)、『やった。』(幻冬舎文庫)、フォトエッセイ『100万回のありがとう〜自転車に夢のせて」(福音社)、ドキュメンタリーDVD『夢 その先に見えるもの」(TMオフィス)などがある。 現在は人事として勤務のかたわら、全国の学校や団体で講演活動を続ける中で、著書「やった。」の印税により、走行中お世話になったアフリカの村などで井戸の建設・診療所の改修などを実行中。 3人男兄弟の真ん中。 日本青年国際交流機構(IYEO)、 ジャパン・アドベンチャー・サイクリスト・クラブ(JACC)評議員。 坂本達オフィシャルサイト http://www.mikihouse.co.jp/tatsu


読売新聞 「編集手帳」 2001年1月21日
朝日新聞 「ひと」 2002年5月4日
朝日新聞社 アエラ 「求む!ヒューマンスキル」 2002年11月4日号
朝日新聞社 アエラ 「こぐ」 2003年3月17日号・創刊800号記念
asahi.com 「日本のライオンキング」 開拓者、先駆者のインタビュー 2003年10月 
朝日新聞(大阪版)「自転車に夢乗せて」計10回の連載 2002年4月5日から毎週金曜日
JICA『国際協力』2003年12月号 草野満代が聞く「国際協力をどう思いますか?」
読売新聞 「自転車青年命の恩返し」 2003年7月5日
日本経済新聞 「窓」 2005年5月8日
読売新聞 「愛知万博 東大阪の坂本さん講演」 2005年5月10日
asahi.com 「西アフリカ・ギニアに井戸贈る」 2005年7月26日
朝日新聞 「恩返し」の井戸掘り ギニア・旅で病、親身に看病 2005年5月19日
朝日新聞 「ギニアの村 井戸が完成」 豊かな清水に村民大喜び 2005年6月9日
日経ビジネス 「4年休職し、夢を追った男」2005年11月21日号
フォーブス日本版「意見卓見」2006年4月号
朝日新聞「恩返しの井戸掘り本に」「自分に出来ること考えてみて」2006年6月21日
その他、各地方新聞紙、共同通信、ジャパンタイムス、テレビ、ラジオなど

その他詳細、著書など →さらに読む


丸紅社友会 東京・大阪、丸紅食料株式会社、三菱重工労組本社支部、日本鋼管福山製鉄所労働組合、関西電力(株)姫路支店、三基商事株式会社、中谷食品株式会社、トヨタマネジメント研究会、コダック株式会社、ベンチャー高安有限会社、日本経営合理化協会、シスメックス株式会社、葉佐商品研究所、京都経営者協会、(株)ジョイブ、他(順不同)


北海道稚内教育委員会、北海道勇払郡厚真町教育委員会、宮城県柴田郡村田町教育委員会、富山県教育委員会生涯学習室青少年教育班、西東京市高齢者大学、滋賀県守山市教育委員会事務局生涯学習課、大阪府東大阪教育委員会新任校園長研修、大阪府八尾市安中人権ふれあいセンター、大阪府豊中市教育委員会青少年補導センター、社会福祉法人東大阪市社会福祉協議会、大阪府豊中市青少年健全育成会委員、兵庫県山崎町老人大学、兵庫県三田市教育委員会生涯学習振興課、愛媛県松山市、山口美祢農業協同組合、徳島県人権教育研究大会、他(順不同)


公立はこだて未来大学、山口大学、津田塾大学、四天王寺国際仏教大学、関西国際大学、立教大学、西南学院大学、津田塾大学、京都教育大学、同志社大学、文教大学、早稲田大学、桃山学院大学、他(順不同)
・高等学校
青森県八戸商業高校、山形県酒田南高等学校、千葉県八千代市英和高等学校、埼玉県久喜市定時制高校、お茶の水女子大学付属高校、静岡県藤枝市明誠高校、静岡中央高校、京都府立鳥羽高等学校、京都教育大学付属高等学校、京都立命館附属高校、京都府立宮津高等学校、京都府立東舞鶴高等学校、大阪府立福泉高等学校、大阪府立豊島高等学校、大阪府立高槻市島上高等学校、大阪府立佐野工業高校、大阪府立松原高等学校、金光大阪高校、大阪電気通信大学高等学校、兵庫県神戸市松蔭高校、福岡県大牟田高等学校、沖縄県具志川市前原高校、福岡インターナショナルスクール、長野西高等学校、東京農業大学第二高等学校、佐野工科高等学校
静岡県西遠女子学園、浜松市立高等学校、宮崎県立門川高等学校、他(順不同)
・中学校
長崎大学教育学部附属中学校、鳥取大学教育学部附属中学校、他、全国およそ200校
・小学校
山口大学教育学部附属山口小学校、白百合学園小学校、奈良女子大学文学部付属小学校、奈良育英小学校、大阪教育大学附属平野小学校、他、約200校(順不同)
・幼稚園
大阪府八尾市安中幼稚園、他




中国九州国立附属学校園研修山口大会、大阪府豊中市南部地区小学校PTA研究大会、大阪府吹田市吹田第六小学校家庭教育学級、大阪府吹田市吹田市津雲台小学校PTA、兵庫県三田市家庭教育学級6校合同フォーラム、和歌山県有田郡広川町PTA、滋賀県守山市PTA連絡協議会小学校部会、兵庫県神戸市立福田中学校PTA、兵庫県宝塚市中山五月台小学校PTA、神戸市垂水区千鳥が丘小学校PTA、他(順不同)


財団法人ラボ国際交流センター(北海道〜九州全国)、青年国際交流機構IYEO、(財)青少年国際交流推進センター、埼玉県国際交流協会、兵庫県加古郡稲美町国際交流協会、兵庫県川西市国際交流協会記念講演会、大阪国際連合協会関西本部、高知県国際交流協会、山口県岩国市総務課国際交流室、宮崎県都城圏域国際交流協会、高知県国際交流協会、他(順不同)


愛・地球博「地球を愛する100人」グローバルダイアローグ、JICA(国際協力機構)&全国地方新聞社連合会共催 ピース・トーク・マラソン、日本航空スチュワーデスOG会、ガイアネットワーク新宿(龍村監督対談講演)、友愛倶楽部、伊予土居ライオンズ青少年育成講演会、パタゴニアストア、異業種交流会ミル、MBA友の会、経済産業省人脈フォーラム、サンデーラボ、森のイスキア、静岡市大学婦人協会・ガールスカウト、大阪府三島郡日本ボーイスカウト島本第1団、福岡ボーイスカウトローバー隊福岡第15団、ボーイスカウト大阪連盟、ホールアース自然学校、NPO法人青少年育成事業、カタログハウスの学校、富山県小矢部青年会議所、広島県尾道青年会議所、神田三省堂書店、リブロ八尾店、ロータリークラブ、神田神保町上島コーヒー 新潟中越地震チャリティーイベント、栃木県塩原町ハンターマウンテン小学生環境フォーラム、他、婦人会大会、人権セミナー、環境講演会、商工会議所、人材育成、新入社員研修、市民福祉講座、高齢者大学、イスラマバード日本人学校、シドニー日本人学校、メルボルン日本人学校、ブラッセル日本人学校、在ベルギー日本大使館広報文化センター、シンガポール紀伊国屋書店、トラベルジャーナル専門学校、七尾青年会議所、クラブツーリズム(東京)、伊
勢丹120周年記念イベント(新宿)、JOBA文化教室 / JOBA Private School、他(順不同)



本門佛立宗奈良市本妙寺、兵庫県豊中市仏教会西福寺、兵庫県豊中市豊島南組西法寺、兵庫県尼崎市西正寺、大阪府東大阪市大念寺、大阪府大阪市平野区本町全興寺、本門佛立宗本泉寺(東大阪市)、長野市長谷寺「さらしな南無の会」 、豊中市仏教会他(順不同)

テーマ、内容、形式などご希望に応じます。 講演時間の目安は質疑応答を含めて90分が基本ですが、30〜120分で可能です。 お気軽にご相談&お問合わせ下さい! →坂本達事務所

TOPへ


TATSU SAKAMOTO'S WEB SITEは坂本達事務所が運営しています。
掲載内容の無断転用、転載などは 著作権法に依って固く禁じられています。
All rights reserved by Tatsu Sakamoto