5月4日

北海道稚内入り。稚内空港が悪天候のため着陸できず、30分旋回を繰り返したあげく僕の乗ったANAは札幌へ引き返してしまった。稚内まで約500キロ、一日一便しかない飛行機では明日の講演時間に間に合わない。唯一の交通手段はJR。しかし自転車と大きなダンボール4つの装備を運ぶことができない。大ピンチ!しかし救いの神が現われた!!なんとレンタカーをする夫婦がこれから稚内まで行くという!そして7時間後の真夜中、稚内に到着した。後で聞くと、その夫婦は小型車を借りようとしたがすべて出払っていたため、やむなく大きな(自転車を積むのに十分な)車を借りていたという……! 
プロジェクト初回、5月5日稚内教育委員会主催の講演会に間に合った。早くも奇跡のような出会いに助けられている。自分が今、こうして稚内にいることが不思議に思えて仕方がない。