9月23

岡山到着

無理がたたり、世界一周中に痛めた左ひざが猛烈に痛む。膝を深く曲げると痛みが激しいので「立ちこぎ」しながらの走行だ。姫路〜岡山間の国道2号線で、東京から走ってきたという真っ黒に日焼けした学生サイクリストと合流してしばらく一緒に走った。しかし上り坂になると軽いギアしか踏めない僕はガクッとスピードが落ちるので、彼には先行してもらった。空しくもあったが、ホッともした。僕はこれからもこの膝とうまく付き合って行かなくてはならないのだ。

闇が迫る夕方6時半頃、岡山でお世話になるKさん宅を探す。東警察署の角を曲がって真っ直ぐと言われたが、一体どこまで行けばいいのだ……。携帯電話を手にしたところ、四つ角でおばさま4、5人が待ち構えていた!「わぁーっ!」「たつさん?」「おつかれさま〜!」Kさんのご友人たちのお出迎えであった(笑・ありがとうございました)。

岡山寿し、ままかり(隣の家に「まま」(ごはん)を借りに行かなくてはならないほどおいしい魚料理)など岡山の料理をペコペコのお腹いっぱいにご馳走になった。土地のものを作った方の前でいただくというのは格別。特に家庭料理は最高だ。ここにいる方々はすでに『やった。』を読んでくださっているので、僕が少し世界一周のことに触れると、あーだこーだと反応が返ってくる(笑)。全員が熟読しているのに驚かされる。まるで母親がたくさんいるみたいだ。ずっと盛りあがっていたので、膝を冷やす氷を交換するのも忘れていた。

岡山天満屋から歩いて2分のところにある商店街の「カモン美容室」でのトークライブ。加門さんはわざわざ大阪まで僕の講演の下見に来るほどの熱の入れようである。これまでにKさんとあわせて『やった。』も60冊ほど購入してくださっており、お客さんや仲間に紹介してくれているとのことだった。今回は拙著を読んだ人が集まってくれる感じで、いつもと違った温かさを感じる。直前にリビング誌に告知が出たこともあって会場に入り切らず、この日は2回開催となった。スタッフはすべて美容室の人たち。月曜の定休日にもかかわらず、会場作り、チケットもぎり、飲み物のサービス、お客さんへの丁寧な対応、エアコンの調整、関係者からマイクやイスも貸していただき……みんな総動員で終日動き回ってくれた。一人では何もできないことを実感する。物事は人の力で動いていく。

午後1時からと4時からの会でそれぞれ年齢層が分かれたので、少しづつ内容を変えて話させてもらった。
Q:「カモン美容室とはどういう縁なのですか」
A:「『やった。』を読んでくださった方々が集まって講演会を企画、その中の一人、加門さんがこの会場を提供してくださいました」
Q:「結婚の予定はないのですか」(最近なぜかよく聞かれます)
A:「ありません」
……スタッフの心配りと会場がこじんまりしていたこともあって、どちらの会も時間いっぱいご質問をいただいた。それにしても一冊の本からこんなにたくさんの出会いをいただけるなんて!(カモン美容室は今でも『やった。』を販売してくれています!)。世界一周に行く時は本当に個人的な夢だった。それがこんな広がりを持つなんて、想像することもできなかった。

翌24日(火)は兵庫県神崎郡の越知谷第一小学校へ。熱心な校長先生が珍しい木造校舎での「写真展」も企画してくれた! (兵庫県をリンク)

26日(木)は岡山市内の三門小学校。講演後に生徒たちは何と「お礼に、感謝の気持ちを込めて『翼をください』を歌います!」と全員で歌ってくれた。花束をいただくのも嬉しいが、こうして生徒たちの顔を歌っている間ずっと見続けられるのもまた嬉しいものだ。心配りに感謝すると同時に、このようなご縁をいただけるようにしてくれた、これまでに出会ってきた世界中の人・自然などすべてのものに心から感謝する。

岡山での様子はこちら! 
カモン美容室: 岡山市表町2-7-6 TEL 086-233-4686