プロフィール

profile_photo

株式会社ミキハウス 社長室

1968年生まれ、東京都出身。7歳から11歳まで父親の仕事の関係でパリに暮らし、そこで見たツール・ド・フランス(世界最大の自転車レース)に魅せられ、以来、自転車の虜に

1992年、早稲田大学政経学部経済学科卒業、同年、株式会社ミキハウスに入社。商品部、人事教育課を経て、1995年9月26日~1999年12月28日までの4年3ヶ月間、有給休暇扱いで自転車「世界一周」の旅へ。

2002年5月5日~12月25日は自転車で日本を縦断する「夢の掛け橋プロジェクト」で86会場を回り講演。2003-2007 JICAピース・トーク・マラソンに参加。2004年度、内閣府主催「東南アジア青年の船」(第31回)にナショナルリーダー として参加。2005年度、内閣府主催の青年国際交流事業「21世紀ルネッサンス青年リーダー招へい」社会貢献活動グループのアドバイザーとして参加。

2006年・第19回「関西・こころの賞」受賞。2009年「ファウストA.G.アワード社会貢献活動賞」受賞。著作に、『やった。』、『ほった。』(いずれも三起商行(株))、『やった。』(幻冬舎文庫)、フォトエッセイ『100万回のありがとう~自転車に夢のせて」(三起商行(株))、ドキュメンタリーDVD『夢 その先に見えるもの」(TMオフィス)などがある。 


現在、勤務のかたわら講演活動を続け、著書やDVDの印税でお世話になったギニアの村で井戸や診療所を建設、医学生のための奨学金制度を設立。ブータン王国では幼稚園を支援中。 
著作物の印税は、東日本大震災の被災遺児や被災孤児に対する育英金・奨学金等として全額寄付。

日本青年国際交流機構(IYEO)
「なんとかしなきゃ!プロジェクト」メンバー
ジャパン・アドベンチャー・サイクリスト・クラブ(JACC)評議員

2015年から一家4人で「坂本家6大陸大冒険」に挑戦中。
坂本達オフィシャルサイト http://www.mikihouse.co.jp/tats

メニューを閉じる