1995年に単独自転車世界一周の旅に出てからちょうど今年で20年。今度は坂本家4人で夏休みなどを利用して最長で8年かけて6大陸を巡る冒険に出ます。ご支援してくださっている皆さまに感謝しながら家族4人、チームの力を合わせて世界の家族や異なる大陸の文化に出会います。応援よろしくお願いします!


 
    ←TOP SITE

いつも坂本家を応援して下さるみなさま、ありがとうございます。コロナにより世界が全く異なる状況となり、8年計画で始まった6大陸大冒険も変更を余儀なくされました(その代わり、昨年は子どもたちが冒険の本づくりにチャレンジできました)。昨年は移動が制限されたこともあり、富士五湖一周となってしまいましたが、それでも多くの方々にご支援いただきながら家族で経験を共有できたことに感謝しています。

今年は自転車文化が盛んで親日的、コロナも落ち着いている台湾走行を考えていましたが、難しい状況になってしまい断念。そこで今年は家族5人で四国一周になりました。2017年にはスペインのサンティアゴ巡礼(キリスト教の巡礼路)でしたので、今度は日本版です。期間は約1か月、「現地の家族と関わる」私たちの冒険スタイルができるかわかりませんが、道中お遍路もしながら約1000キロ走れたらと思っています。当初、大和をチャイルドトレーラーで牽引できれば……と考えていましたが、1歳半にとっては少し早すぎるようで、佳香と大和はサポートカー(マイカー)での参加です。

私たちのプロジェクトは来年が最終回の予定ですが、長男と次男が三男を牽引して「もっと冒険したい!」と申しており(笑)、まだ2~3年は続ける予定です。私たちは当初と形が変わりながらも自分たちを信じてチャレンジを続け、安全第一で坂本家なりの明るいニュースを届けられたらと願っています。

健太郎(10歳)、康次郎(8歳)、大和(1歳)
これからも変わらぬご支援よろしくお願いいたします。

 

We always appreciate your heartwarming support.
As people all over the world have been through these two years of harsh and unexpected periods, COVID-19 has forced us to change the plans for the Great Six-continent Adventure, which was originally an eight-year project.  Though our adventure took a rather different, unexpected form, last year, our children tried publishing a book about our previous adventures.  In addition, with the restrictions on moving between prefectures, we decided to ride around the Five Lakes of Mt. Fuji.  Although we had never imagined these unstable situations, we are glad that we have shared the unforgettable moments and experiences.  As always, we thank each and every one of you for kindly cheering us. 

This year, we, the five members of the Sakamotos, originally thought of picking Taiwan as our next place for riding.  This is because Taiwan has a unique bicycle tradition, and is friendlier to Japan.  Moreover, the situation of COVID-19 has been settled down.  However, things have gradually been getting worse there, so we gave up the plan and decided to ride around Shikoku.
In 2017, we rode along the Route of Santiago de Compostela in Spain, which is a route for Cristian pilgrims.  This time, we are going to attempt a Japanese version of pilgrims.  We are planning to ride there for around one month.  Although we now are not sure whether we would keep our own style of adventures, in which we focus on communicating with the local families and people, we are riding for about 1,000 kilometers and making a pilgrimage at the same time.
Our initial plan was to ride towing Yamato, who is our 1-and-a-half-year-old son, by a child trailer.  However, he is too young to do this, so Yoshika and Yamato join the adventure in the supporting car.

Although our original plan was to put an end to our great project in 2022, we will continue it for a couple of more years.  The reason is that our first son and the second son are very much eager to take up more challenges with towing the third son. 
A lot of things have happened that we didn't even imagine.  Unprecedented and unexpected things may also occur in the future.  We flexibly have to think about and deal with any situations each time.  To achieve our goals, we will firmly believe in ourselves and keep our adventures safe and sound.  During our original challenges, we would sincerely like to send you our news with always big smiles on our faces.

Our sons, Kentaro, who is 10 years old now, Kojiro, who is 8 years old now, and Yamato, who is 1 year old now, also say hello to all of you.
We have always appreciated your sincere and everlasting support.

 

1995年に単独自転車世界一周の旅に出てからちょうど20年の2015年、今度は家族4人で夏休みなどを利用して8年かけて6大陸を自転車で巡る「坂本家6大陸大冒険」がスタートしました。

私は過去に4年3ヶ月の自転車世界一周で43カ国の人たちと出会い、対話し、ふれあってきました。今回の大冒険は、世界の家族と家族単位で出会い、ふれあい、つながることでどんな経験ができるかを試したい。子どものコミュニケーション力、順応性、好奇心、変わっていく子どもの姿、そこにある親や社会、世界の子育てや教育などを見聞し、帰国後は子どもを持つ家族だけでなく、多くの人と共有したいと思っています。

第1ステージはニュージーランド、第2ステージはスペイン・ポルトガル・スイス、そして第3ステージはカナダとアラスカをそれぞれ3ヶ月間、多くの出会いに助けられ各ステージ約800~900キロを無事に走り切ることができました。第4ステージは康次郎初の単独走に加え、開発途上国のネパールや山岳ルートのブータン、灼熱のマレーシアやブルネイだったので、400キロ弱の走行。第5ステージはトルコ・ジョージアを計画していましたが、出発直前に第三子がお腹の中にいることがわかり(!)、急遽予定を変更して北海道へ。2ヶ月で約500キロ走行。第6ステージはコロナ禍で国内外への遠征を断念、残念ながら中止となりました。が、少しでも走りたい!ということで番外編として富士五湖一周。

8年計画でスタートしましたが、(幸いなことに)子どもたちがもう少し続けたいと言っています。ご支援して下さっている皆さまに感謝しながら来年からは家族5人、力を合わせて世界中の家族や異なる大陸の文化にふれあう大冒険を続けていきます。応援よろしくお願いします!

The year of 2015 marks 20th anniversary since I started my adventure of solo bicycle trip all over the world in 1995.  In that year, four of us, namely I, Yoshika, Kentaro, and Kojiro (the Sakamotos) started “the Great Six-continent Adventure by the Sakamotos.”  We planned to travel by bicycle throughout the six continents in eight years during my children’s summer vacations.

During my former journey, in which I rode all over the world in four and a quarter years, I encountered, communicated with, and interacted with people in 43 countries.  In contrast, during the present adventure, my hope for us four has been to encounter and connect with people in families around the world.  Another hope has been to widen many experiences with a lot of excitement.  Still another hope has been, through these whole adventures, to closely observe how the children cultivate their communication skills, adapt themselves into the environments, get interested in things, and grow up.  Moreover, I hope to pay intense attention to how parents educate their children and how the local communities get connected to them in the “real” world.  After we get back to Japan, we are willing to share these experiences and knowledge with a lot of people with or without children.

We have already finished the first stage in New Zealand, the second stage in Spain, Portugal, and Switzerland, and the third stage in Canada and Alaska in three months for each.  In each stage, we safely completed the rides for 800 or 900 kilometers blessed with a lot of warm supports from people.  In the fourth stage, which was the first one for our second son, Kojiro, to ride on his own.  We rode in four countries: Nepal, one of the developing countries; Bhutan with a lot of mountainous routes; Malaysia and Brunei Darussalam, which have scorching climates.  Under these harsh and challenging circumstances, the total mileage remained less than 400 kilometers.  After that, we had originally planned to go to Turkey and Georgia as the fifth stage, but we changed our plan to go to Hokkaido, Japan.  That was because just before we left for the adventure, we found that we were expecting our third son.  In Hokkaido, we rode for about 500 kilometers in two months.  This year, in the sixth stage, Covid-19 forced us to regrettably give up going abroad and call off our adventure.  However, as we were dying for bike rides, we tried riding around Fuji Five Lakes as an extra edition of the sixth stage.

Though our initial plan was to complete our whole adventure in eight years, fortunately our children are willing to continue the adventure for more years.  Being grateful for your tremendous support over the years, we, as one team, will keep going on our adventures that make connections with many families all over the world and experience various cultures in each continent.  We have always been very much appreciated for your warm and everlasting kindness.

 

6大陸大冒険 2019 in Japan〜坂本一家の大冒険 第5ステージ

   
 
 



 

     


 
     


 
     

   
 
   
 
 
 
   

 

パタゴニア
ミキハウス ミキハウス  


←TOP SITE

 
←TOP
7月
Jul.
8月
Aug.
9月
Sep.
 

◼2021.7.7(Facebookより)

オージーケーカブト VITT(ヴィット)
今年の夏の冒険用に、オージーケーカブトさんから新しいヘルメットが届いたのが嬉しくて、被りながらツール・ド・フランス2021を観戦中。
初めてのシールド付きヘルメット。これまでよりコンパクトで、頭を包み込むようにフィット。使うのが楽しみです! 
テレビは大和に引きずり倒されたため、液晶の字幕部分が見事に黒くなっています涙

 

     
オージーケーカブト VITT(ヴィット)   ツールドフランス観戦中。 健太郎はスプリント勝負を見るのが好き   ツールドフランス観戦中。 康次郎は逃げ切り職人が好き   大和に引きずり倒されたため、液晶の字幕部分が見事に黒くなっています
             
       
黒い部分が広がりました・・・   逃げ切りでゴール!字幕が全く見えません!   大和もゴール!!    
             
 

◼2021.7.15(Facebookより)

夏の冒険に向けてタイヤ交換中!
パナレーサーパセラ(24×1 康次郎用)
グラベルキング 700×32C
グラベルキング700×32C はとても評判がいいので楽しみ!!

 

     
グラベルキング!!   今からタイヤ交換        
             
 

◼2021.7.18(Facebookより)

健太郎、こんなに早く700 C の ホイール を履くことになるとは!
父ちゃんと同じ パナレーサー グラベルキング 700x32 C
2021年夏の冒険に向けてタイヤ交換中


     
        父ちゃんと同じ グラベルキング    
             
           
パナレーサー チューブ      
   
             
 

◼2021.7.21(Facebookより)

長年にわたり、世界一周サイクリストの必須アイテムであり続ける
オルトリーブ ORTLIEB の防水バッグ
チューブス Tubus  のサイクルキャリア
とにかくいずれも絶対の安心感、軽量で使いやすい!
今年もお世話になります。

 

     
オルトリーブのパニアバッグはどんなキャリアにも使用可能。これは連結バイク用のサイクルキャリア   オルトリーブのサドルバッグ、ハンドルバーバッグのマウンティングセット、アルティメイト用エクステンションアダプター、アルティメイト6用 アダプターサポート とにかく何にでも対応できるようになっている!   チューブスのフロントキャリア デュオ   中身がすぐにわかるように。タイヤはパナレーサーグラベルキングSK。これもオンとオフロード超おススメタイヤ
             
         
軽量かつ、頑丈デュオとも最高の相性      
   
             
 

◼2021.7.27(Facebookより)

7月23日 四国八十八ヶ所霊場 一番札所 霊山寺(徳島県)スタートしました!(余裕がなくて、更新が遅くてすみません!)
当初、1歳半の大和はチャイルドトレーラーでと思っていましたが、長時間・炎天下は厳しいので、サポートカー(マイカー)での移動です。第六札所の安楽寺を目指します。まだまだペースがつかめず、試行錯誤中!初日16キロ走行。

 

     
安楽寺では子どもたち、初の宿坊体験   四国八十八ヶ所霊場 一番札所 霊山寺   二番札所 極楽寺 (2)   二番札所 極楽寺
             
       
お遍路が始まった!という感じ   六番札所 安楽寺到着!   三番札所 金泉時
   
             
 

◼2021.7.27_2(Facebookより)

7月23日 徳島県 霊山寺 1番札所スタート

 

           
             
 

◼2021.7.29(Facebookより)

7月25日 立江寺近くのお遍路宿 をされている農家さんの 家にお世話になりました 36キロ走行
ニワトリや烏骨鶏の餌にカブトムシの幼虫をあげているのに衝撃を受ける子どもたち。トマト食べ放題に 大喜び! 夜はなんとバーベキュー!!
翌日は少しですが 健康兄弟、草刈りのお手伝い。みんな、我が家にいるようにリラックスできました 素晴らしいご縁に感謝です!

 

     
素泊まりのはずなのにBBQのごちそう!子どもたちの夏の思い出にと…   「無農薬トマト、いっぱい食べていいよ!」   大和ものびのび リラックス~   小松島のお遍路宿ファンファームに到着!
             
     
シイタケを栽培した後の木のブロックを土壌にした畑。ここにカブトムシの幼虫がたくさん!       藍を植えているそうです
  やったー! 大興奮の健康兄弟
             
         
ニワトリ、烏骨鶏、シャモを一緒に飼っています カブトムシの幼虫をスコップで餌に。栄養満点だそうです   子どもたち、たくさん、たくさん可愛がってもらいました!        
             
 

◼2021.7.30(Facebookより)

7月26日 お世話になった小松島のお遍路宿から海陽町まで63キロ走行
暑くなる前に距離を稼ぎたいので朝7時出発の予定が、兄弟げんかをしたり、名残惜しくておしゃべりしているうちに出発が7時45分に。今日はお遍路の道から外れて室戸岬へと向かう途中の海陽町まで、3人で調子よく漕ぎ出す。
先頭交代しながら1時間おきぐらいに休憩をして走る。今回健康兄弟はロード仕様なのでペースが速い。健太郎もツールドフランスを見て研究をしているようで、ギアの選択やフォームも決まっているので驚く。康次郎は相変わらず「今日のお昼ご飯なに?」「もう一回聞くけど、今日のお昼どこで食べるの?」と食べることばっかり(笑)。
途中気温が37度というサイン。実は自転車は走っていると風があるので、あまり暑さは感じず、止まると一気に汗が噴き出る感じです。暑くても頼もしい走りの2人に感動。

 

     
    先頭を走る康次郎   朝から激しい兄弟げんか   おじいちゃんが作ってくれたお朝ごはん!!
             
     
ツールドフランスでフォームを研究している健太郎   「大和、いってくるよ~!」と健太郎   お遍路さん用の案内
  お世話になった小松島のお遍路を出発!アイス代をもらって大興奮の健康兄弟(笑)
             
         
アメちゃん休憩   37度!        
             
 

◼2021.7.31(Facebookより)

23番札所 薬王寺から海陽町まで
お昼まえに小松島から中間地点の薬王寺に到着。近くの道の駅でお弁当を買って日陰でランチ。長い休憩をとると走りたくなくなるので、できるだけ手短にすまして出発。サポートカーでの移動も強烈な日差しで暑くて大和も不機嫌になり大変… でも休憩中に健康兄弟が健気に一生懸命あやしてくれるのに助けられる。みんなの力が必要です。ようやく海が見えてきて気分も一新!子どもたちのペダリングも軽くなる。
今回はオージーケーカブトのバイザー付きヘルメットヴィット.を使用。軽く涼しくて、バイザーはサングラス不要になって使いやすい。サングラスは携帯や保管が難しかったりするので荷物が減って楽。そしてバイザーは顔の日焼け防止にもなって重宝しています。ヘルメットの後ろにはサンバイザー(非売品)を付けて、強烈な日差しから首を守っています。

 

     
大和参拝の巻   お昼に薬王寺で合流!   お遍路宿のおじちゃんとおばちゃんにもらったアイス代でアイスを買って嬉しい健康兄弟。ありがとうございます。   大和もいつの間にか手を合わせるようになった
             
     
コンビニ休憩!   海が見えて気分一新「海に入りたいな~」 オルトリーブ ハンドルバーバッグ   お遍路さんの休憩所
   
             
 
 
 
7月
Jul.
8月
Aug.
9月
Sep.
 
 
 
 
 
 
 
 
supported by
パタゴニア
ミキハウス ミキハウス    
 
 
 
 
 
 
 

←TOP SITE

TATSU SAKAMOTO'S WEB SITEは坂本達事務所が運営しています。
掲載内容の無断転用、転載などは 著作権法に依って固く禁じられています。
All rights reserved by Tatsu Sakamoto